×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 海底二万里 
Vingt Mille Lieues Sous Les Mers

kaitei


■作品データー
文献:集英社文庫(江口清 訳)
作者:ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne 1828-1905)/フランス
分類:フランス文学
発刊:1869年
年代:1866-1868年代
舞台:世界中の海(海底)
長さ:中編


■作品構成
工事中


■超短い粗筋
水艦ノーチラス号で、パリ自然科学博物館教授アナロックが、謎の船長ネモと、世界中の海を駆け巡る壮大な冒険小説。


■重要人物相関図
kaitei


■人物紹介■  :男性 :女性
アナロックス
本編主人公。パリ自然科学博物館教授。謎の海底生物を追い掛けて、海に出る。彼がそこで出会ったものは?

コンセイユ
アナロックスの非常に忠実な助手。博物の部門、分科の素晴らしい専門家。

ネッド・ランド
アナロック達が、謎の生物を追い掛けるの使った船に乗っていった漁師。その腕は確かである。謎の生物発見後、アナロック達と行動を共にする。

ネモ船長
謎の生物(潜水艦ノーチラス号)の船長。彼は非常に不可解な人物で、多くの謎を秘めている。


■キャッチフレーズ
●海底の謎に迫る!
●未開の地への未知なる冒険
●本当の水族館
●すさまじい執念
本音
●海洋図鑑がいるね。
●謎がすっきり解けない。


■作品スポットライト(読み所)
★ネモ船長の潜水艦に関する説明。すごく科学的だよ。(◎o◎)
★海底の森。描写が素晴らしい。(*^_^*)
★ネモ船長の仲間の葬式。ここはネモ船長という人物がすこしわかるかも?(^_-)☆
★南極大陸到着。まさにはらはら、どきどきの場面。 (゜o゜;)

inu海底の生き物や、また海の歴史について学べる素晴らしい小説だよ。


■感想文
工事中


■作品ミニ情報
工事中






戻る


Copyright(C) 2002 Itsuki Fujikawa
All Rights Reserved